犬用無添加おやつの歯磨き効果

デンタルケアの一環としておすすめは歯磨きガム

歯磨きガムを毎日の食事にプラス

愛犬の健康を守るためには歯磨きを丁寧に行い、良好な口腔環境を維持することが重要となってきます。とは言っても、犬が虫歯になった場合に、歯の痛みを言葉で訴えることはできず、歯周病や歯槽膿漏になっても気づくのは難しいでしょう。

そこで、愛犬のデンタルケアの一環として、日々の食生活の中で役立つ方法をご紹介しましょう。歯磨きガムやおやつなどの犬のデンタルケアに効果的な食品がありますので、これを日々の食生活にプラスしてみてはいかがでしょうか。

ガムを噛むことによって、犬の歯に付着した汚れを除去しながら、噛む力を高める効果が期待できます。一口に歯磨きガムとは言ってもさまざまな種類があり、獣医とドッグフード専門の企業が共同開発した歯磨きガムや、天然成分のみ配合された無添加のものもあります。

歯磨きガムの使用回数や1回あたりの量は、各メーカーでそれぞれ違いがあります。犬の品種や年齢に応じて、最適な歯磨きガムを選択しましょう。

犬用の歯磨きガムの選び方

犬用の無添加おやつのひとつとして、犬用の歯磨きガムを積極的に取り入れると良いですが、実際にどのようなものを選んで良いのか戸惑うこともあるでしょう。

歯磨きガムの種類によって、大きさ・形状・長さ・硬さ・味・成分などもそれぞれ異なります。あまりにも硬いガムを選んでしまうと歯に対しての圧力がかかってしまい、歯が欠けることもあれば、折れることもあるでしょう。歯磨きガムはできるだけ無添加のものを選び、繊維質が多いものを選んでおくと柔軟性があり、長く噛んでも歯に対してのダメージも少なくなります。さらに、歯磨きガムを与えるタイミングも重要となります。歯石が溜ってしまうと取り除くのは難しいので、歯石になる前に早めに歯磨きガムを与えるようにしましょう。犬の歯の状態を細かくチェックしながら、毎日の食事の後に歯磨きガムを与えてよく噛むことで、良い効果が得られるでしょう。

ただし、歯磨きガムを毎日与えるだけでは、犬のデンタルケアは十分とは断言できません。歯ブラシで丁寧に歯磨きをして、常に口内環境を良い状態に保てるように気を配りましょう。