blogブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 愛犬・ペットと一緒に結婚式を挙げたい!演出アイデアと注意点を紹介

愛犬・ペットと一緒に結婚式を挙げたい!演出アイデアと注意点を紹介

愛犬・ペットと一緒に結婚式を挙げたい!演出アイデアと注意点を紹介

思い出に残る結婚式にするために、大切な家族の一員である愛犬にも参列してほしいと考えている人も多いのではないでしょうか。

みんなで楽しむことができれば一生の思い出に残ること間違いなしです。

とは言っても、「挙式会場にペットを連れて行っても大丈夫なの?」「ペットウェディングで注意することは?」など、事前に確認すべき点も少なくありません。

この記事では、愛犬と結婚式を挙げるための演出アイデアと注意点を紹介します。

※ペットが参加できない会場もあるのでペットと結婚式をしたい方は事前に確認して式場探しをしましょう。

愛犬・ペットと一緒に結婚式は挙げられる?

ペット婚演出の画像

そもそも結婚式に愛犬は参列できるのか疑問を抱いている人もいるでしょう。
ペット受け入れ可の結婚式場も増えてきましたが、いくつかの条件や注意点があります。

愛犬・ペットは披露宴会場に入れない

披露宴会場では、ペットの同伴が難しいところがほとんどです。

料理が提供されることから、衛生面上から、披露宴会場に入ることができません。

チャペル内であれば参列OKというケースが多く、「一生に一度の晴れ舞台の結婚式を愛犬と一緒に挙げたい!」という人は、挙式のみの参加を検討してみましょう。

挙式後に愛犬・ペットが待機する場所は?

チャペルはOKでも披露宴会場には入れなさそう…。

「挙式だけでも愛犬やペットに参列してほしい!」とは言っても、披露宴の最中にどこで待たせるのかを心配になる人もいるのではないでしょうか。

待機場所として挙げられるのは以下の3つ。

  • 式場内のペット用スペース
  • ガーデンやテラス
  • 飼い主の車の中
  • 結婚式や披露宴は長時間におよぶことが多いため、ペットが快適に過ごせそうかも踏まえて、事前にチェックしてみてくださいね。

    愛犬・ペットの参加が可能か事前に結婚式場に確認しよう

    結婚式場によってはペットの連れ込みを不可のところも少なくありません。

    また、「挙式に参加のみ」「挙式+披露宴に参加」「ペットと一緒にできる演出はあるか」など、式場によって参加できるパターンはさまざまです。

    ペットの参列が可能かどうかを結婚式場に問い合わせることはもちろん、自分たちにとって何が最適な選択なのかを意識しながら最終決定をしましょう。

    愛犬・ペットと一緒に結婚式を挙げる際の注意点

    ペット婚注意点の画像

    ペットが結婚式に参列OKでも、さまざまなリスクを対策する必要があります。
    ここでは、愛犬やペットと一緒に結婚式を挙げる際の注意点を紹介します。

    ゲストの中に動物アレルギーの人がいないか確認しておく

    自分が主役になれる結婚式ですが、ゲストに配慮する必要があります。

    ゲストが必ずしも動物好きとは限らず、なかには動物アレルギーがあったり、ドレスが汚れることを気にしたりする人も出てくることが考えられます。

    まずは、ゲストに愛犬も参列する旨の了承を得ることを最優先すべきでしょう。

    招待状などに記載して、アレルギーを持っている人が参列するとわかった時点で、座席の位置を工夫したり、参加のさせ方を変更したりするようにしてください。

    結婚式ではドッグシッターなどお世話してもらう人を手配する

    結婚式の当日は、ずっと愛犬と一緒にいてお世話してもらう人を手配しましょう。

    おもてなしをする立場の新郎新婦は、ずっとペットのそばにいられないだけでなく、家族や親族も同様にお世話に集中することは難しいです。

    愛犬にとっても、いつもと違う環境で不安に感じてしまいます。

    動物に慣れている人なら誰でも構いませんが、披露宴の最中にずっとお世話をしてもらえる人が見つからない場合は、ドッグシッターにお願いしてみてくださいね。

    愛犬・ペットに難しい役を与えない

    愛犬にいろいろな役割をしてもらいたいと考えている人もいるでしょう。

    一生の思い出に残る結婚式にしたいという気持ちは理解できますが、普段慣れないことをすると、飼い主が考えている以上にストレスを抱えてしまいます。

    また、犬の場合は体調不良を喋って伝えることもできません。

    そのため、当日はなるべく難しい役を与えないように注意してください。

    衣装やおやつなどのペット用品を持っていく

    当日に式場へ持ち込むペット用品を事前に確認しておきましょう。

    たとえば、愛犬の食事やおやつはもちろん、お世話に必要なおもちゃなどは自分たちで準備する必要があることがほとんどです。

    また、衣装を着なければ参列NGなところもあります。

    ウェディングドレスやタキシードなどを選ぶ人も多いですが、最近では犬用のウェディング衣装も充実しているので、新郎新婦の衣装と合わせるのがおすすめですよ。

    結婚式を愛犬・ペットと一緒に!人気の演出アイデア

    愛犬と一緒に結婚式を挙げる場合、さまざまな演出方法があります。
    ここからは、ペット参加型で特に人気のある演出アイデアを紹介します。

    愛犬・ペットと結婚式におすすめ演出①バージンロードを一緒に歩く

    新婦が父親と歩くことが多いバージンロードですが、愛犬も連れて一緒にバージンロードを歩いたら、微笑ましい光景になること間違いなしです。

    緊張感に包まれがちな入場シーンも和やかな雰囲気になるでしょう。

    また、新郎一人では恥ずかしいという場合でも、愛犬と一緒なら安心ですね。

    愛犬・ペットと結婚式におすすめ演出②リングドックで指輪を運んでもらう

    挙式ではリングボーイやリングガールなど、指輪を運ぶ役割があります。

    そんなリングを運ぶ役割を愛犬に任せるリングドックも人気のある演出です。

    首輪に指輪をぶら下げたり、愛犬の服にリングピローをつけたりなど、新郎新婦の元までバージンロードを歩いて持ってくるのがリングドックの役割です。

    ただし、いつもと違う環境で多くの人に囲まれての大仕事となるため、途中で歩かなくなるなどのトラブルがあった場合にサポート役を親族に依頼しましょう。

    愛犬・ペットと結婚式におすすめ演出③結婚証明書にペットと署名

    挙式で署名する結婚証明書に愛犬と署名する演出も人気です。

    結婚証明書は持ち帰ることができるので、愛犬に肉球で証印してもらえば、結婚式の思い出として家に飾っておくなんてこともおすすめです。

    とは言っても、証印では肉球にインクをつけることになります。

    犬が暴れてドレスにインクがついてしまうこともあるため十分に注意してくださいね。

    愛犬・ペットが結婚式に参列できない場合の演出アイデア3選

    愛犬やペットが結婚式への参列が難しくても、ゲストに楽しんでもらう演出があります。
    犬をテーマにした演出をたっぷり詰め込み、思い出に残る結婚式にしましょう。

    ウェルカムスペースに愛犬・ペットとの前撮り写真を飾る

    愛犬との前撮り写真やお気に入りの写真をウェルカムスペースに飾る方法です。

    ウェウカムボードはゲストが最初に目にするアイテムなので、ここに犬をテーマにした演出にこだわってみると、新郎新婦の愛犬家ぶりが伝わるでしょう。

    これなら動物が苦手なゲストでも安心して楽しめますね。

    プロフィールムービーで愛犬・ペットを紹介する

    結婚式で定番の演出と言えばプロフィールムービーですが、新郎新婦の生い立ちだけでなく、愛犬の紹介やお気に入りの写真を流す演出も人気があります。

    ムービーに愛犬が登場するだけでも、会場の雰囲気も和むでしょう。

    また、ワンちゃんからのお祝いメッセージというユニークな演出も素敵です。

    ウェディングケーキに愛犬・ペットのデザインを入れる

    ウェディングケーキに愛犬をモチーフにしたデザインを入れる演出もおすすめです。

    好きなキャラクターをデザインしたウェディングケーキはよくありますが、愛犬モチーフのウェディングケーキならオリジナル感も出すことができます。

    ゲストも思わず写真を撮りたくなってしまいますよね。

    ペットも立派な家族!ゲストに配慮して素敵な演出を楽しもう

    ペットも大切な家族、できるなら結婚式にも参加してほしいですよね。

    ペットが参加しても問題ないかゲストに確認しつつ、素敵な演出で結婚式を盛り上げましょう。

    演出というほどではないですが、ペットの写真を飾ったり、ペット用のお色直しの衣装を用意しておいたり、ゲストがほっこりするような工夫をするのも素敵です。

    式場の方に相談しつつ、自分たちだけの結婚式を作ってくださいね!

    ブライダルフェアの予約はこちらから!
    ブライダルフェアはこちらをチェック!

    気軽にご相談したい方はこちら!

    インスタグラム、Youtubeもやってます!
    是非チェックしてみてください!

    ラフィーノオーシャン公式Instagram

    Youtube【ラフィーノチャンネル】